ユーグレナ緑汁の口コミと効果を徹底調査

ユーグレナって何?健康にいいの?評判は?

ここ数年、テレビや雑誌などで取り上げられることが多くなった「ユーグレナ」

ユーグレナは上場企業になりました。それほど世の中ではユーグレナが広まってきたということです。しかし、実際にユーグレナの商品はどうなのか?なんとなく健康に良さそう。でも実際にどんな効果があるのかわからない。なんて方が多いのではないでしょうか。ユーグレナのサプリや緑汁の口コミや効果を紹介し、おすすめの商品を見ていきたいと思います。ぜひ参考にしてください。

ユーグレナとは?

実は中学校の理科の授業で勉強した「ミドリムシ」なんです。ミドリムシは「虫」と名が付いていますが、小さくて動いているようには見えないことから「藻」に近い生物です。ミドリムシのラテン語の学名を「ユーグレナ」と言い、最近はミドリムシよりもユーグレナと呼ばれることが多いようです。

ユーグレナは植物のように光合成を行い、動物のように細胞を変形させて動く、植物と動物の両方の性質を持った藻類です。地球上で動物と植物の両方の性質を持つのはユーグレナだけになります。ユーグレナは水の中で光合成をしながら、ビタミンやミネラルといった栄養素を体の中に蓄えることができる小さくても優れた生物としても世界中で注目されています。

ユーグレナはサプリメントやヨーグルト、ドリンクに使われていますが、最近ではユーグレナ化粧品も注目されています。その他にも地球温暖化対策、燃料、環境など全く異なる分野でユーグレナが活躍する可能性があるとして研究がすすめられています。

ミドリムシの活用事例

ミドリムシビール

ミドリムシビールが飲めるビアガーデン ユーグレナが吉祥寺にオープン
ユーグレナ入りソースを使ったローストビーフやビール、フルーツジュース、
カフェラテなどを楽しめるビアガーデンが吉祥寺にオープンしたそうです。

過去にはミドリムシハンバーガーなるものを販売していたお店もありました。
本郷にはミドリムシを使ったラーメンもあるそうです。
このように健康食品以外にも飲食店でユーグレナが活用されていますのでミドリムシだから心配なんてことは全くありません。
しかし、1食だけでは健康に効果がわかるほどではないのでこれを緑汁として飲み続けてみましょう。効果が実感できるかと思います。

ユーグレナの栄養素

藻の仲間でビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など
59種類もの栄養素を備えています。

ビタミンAは眼精疲労によく、皮膚粘膜など代謝、免疫力向上を促進させます。

またパラミロンという成分が含まれていて、不要なものを吸収して体外に出す働きがあるため便秘を解消します。また油分やプリン体も吸収するため体内への吸収を抑制し痛風の予防にも効果的だと考えられます。

乳酸菌を活性化させます。オリゴ糖が乳酸菌の活性化で有名でしたが
そのオリゴ糖よりも活性化させる力があるとの研究結果も出ています。

緑の粉には美肌効果があり、疲労回復に役立ちます、
風邪をひきにくくし、血液をさらさらにします。
アミノ酸には傷んだ髪の補修効果が期待できるため、育毛効果があります。

青汁との違いは?

青汁は野菜のみの栄養ですが、緑汁ですとユーグレナが持つ植物性、動物性の両方の栄養素を摂取できることができます。
さらに青汁と比べて消化率、吸収率がいいです。
青汁は食物繊維の細胞壁により消化しにくいというデメリットがあります。
しかしミドリムシには細胞壁がなく効率よく栄養を体内に吸収できます。

緑汁アレンジレシピ

味が抹茶、煎茶風なので青汁に比べるとアレンジがしやすいと思います。
しかも栄養の吸収がしやすい。栄養素が豊富なので青汁よりもメリットがたくさんです。
お試し価格が500円なのでぜひ一度取り寄せて試してみるといいでしょう。
食事だけでは不足しがちな栄養素が飲むだけで補えますよ。

ユーグレナは緑汁以外にも健康食品がたくさん!

毎日同じものを飲んでいると飽きがくるという方も多いのではないでしょうか
何年も習慣になってしまえば何の苦もなく飲めますが
せっかくなのでバリエーションを増やしておいしくいただきたいですよね。
そんなときはユーグレナのそのほかの商品を買ってみましょう。

ユーグレナは髪、肌も健康に

実はユーグレナは食品だけではありません。
化粧品としても有効です。リジューナという加水分解したエキスがあります。

副作用ってあるの?

作成中です。

ユーグレナ緑汁の口コミ

作成中です。

緑汁を購入して体験してみた

作成中です。

ユーグレナファームの緑汁

作成中です。

最安値の緑汁は?

作成中です。

おすすめのユーグレナ商品はどれ?

ランキング作成中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする