★ユーグレナが痛風の予防と治癒に効果があるって本当??

痛風で悩んでいる人は少なくありません。

痛風は尿酸が体内に蓄積されることによって関節に析出してしまい、関節炎を伴います。

さらに体のあちこちに結節が出来たり腎臓を悪くしてしまったりという事態も引き起こしてしまうんです。

痛風は何をきっかけにして発症しているのかは未だに明確になっていません。

そんな痛風の予防や治癒にユーグレナが有効なのは何故なのでしょうか。

痛風のきっかけになるものって…?

痛風は、高尿酸血症の患者さんが何かしらのきっかけで引き起こすことが多いと言われています。

そのきっかけとしてよく知られているのが

  • 脱水症状による尿酸値が急激に変動すること
  • 物理的な衝撃が加わることによって結晶の剥落してしまう
  • 不適切なタイミングで尿酸コントロールの薬を投薬してしまう
  • 激しすぎるスポーツ

などが挙げられています。

アルコール摂取もよく聞きますが、これはアルコールを摂取することでアルコールの代謝に水が回ってしまうことで体が脱水症状になることに加えて、乳酸と尿酸の競合で尿酸の排出が遅れてしまうことが尿酸値の激しい変動を引き起こすからだと言われています。

高尿酸血症の患者さん全てが痛風を引き起こすわけではないので、痛風のきっかけは解明に至っていませんが、腎臓結石などの病気のリスクを高めてしまうので高尿酸血症には注意が必要です。

ユーグレナの効果は…?

そもそも、尿酸とはプリン体と呼ばれている物質を代謝した時の産物です。

ビールのCMなどで「プリン体OFF!」と言われているのを耳にすることも多いですよね。

このプリン体を沢山摂取してしまうと、高尿酸血症や痛風の引き金になっていると言われているんですよ。

そのため、痛風の予防や治癒には【プリン体を排出すること】と【尿酸値を上げないようにすること】が大切なんです。

そこでおすすめなのが【ユーグレナ】と【水素水】なんですよ。

【ユーグレナ】にはパラミロンという物質が含まれていて、プリン体の吸収を抑制・排出する効果があります。

さらに水素水には利尿効果を高めて体脂肪を下げる働きがあるので、プリン体を含む老廃物などの排出を促進してくれますよ。

ユーグレナ社は「パラミロンのプリン体吸収抑制及び血中尿酸値低減剤」の特許を取得しているため、痛風だけではなく糖尿や生活習慣病の改善にも効果が期待されています。

ダイエットや健康維持で注目されているユーグレナですが、こういった病気への効果も認められてきているので、ぜひ毎日の生活に取り入れてみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする